危険なスズメバチ

虫を捕まえる

スズメバチの巣を見つけたら

寒い冬が終わり春になる時期、スズメバチの巣が大変多くなってきます。駆除をする時には、きちんと身を守れるように気を付けなければなりません。 スズメバチは獰猛な昆虫であるため、巣に近づくだけで攻撃されてしまうことがあります。駆除する準備ができるまでなるべく近づかず、刺激することの無いように注意しましょう。 巣を落とす際には防護服を着用してください。防護服の用意ができない場合は厚手の作業着でも良いですが、なるべく白いものを選び、袖口や裾などから侵入されないように手袋や靴下で覆います。 殺虫剤を吹きかけていても、中にいるハチは生きている可能性があります。ですので落としたスズメバチの巣は大きいビニール袋などに入れ、しっかりと口を縛ってくださいね。 駆除には危険を伴います。自分の安全を第一に考えて、作業を行いましょう。

自分で駆除に取り掛かる前に

スズメバチの巣を見つけた時、早くなんとかしなければと焦ってしまうこともあると思います。ですが自分で駆除に取り掛かる前に、まず自治体に相談してみましょう。 場所によっては無料で駆除を行ってくれたり、業者依頼費用の一部を負担してもらえることがあります。もし自分で駆除をすることになっても、防護服を貸し出してもらえる場合もあります。 スズメバチの巣は大きくなるほど、処理が難しくなってきます。危ないと思ったら無理をせず、専門の業者に頼みましょう。 まだ巣が小さいうちでしたら、殺虫剤があれば比較的簡単に駆除できるそうです。 自分で行う時にはなるべく朝早い時間にしましょう。ハチの動きがおとなしいため、刺される危険性が低いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加