注意が必要なハチ

業者に依頼する

ハチの巣退治の方法について

ハチの巣は、ハチが幼虫を育てるための巣のことで、多いものでは、数百匹にもおよぶハチが生活をしています。一般に人に危害を加える昆虫や動物などの多くは、こちらから手を出さない限り攻撃してこないものですが、ハチの場合には巣に近づいただけでも攻撃される恐れがあり、注意が必要です。 そのため、人間の生活圏内に巣を発見した場合には退治することになります。ハチの巣の退治の方法としては、殺虫剤を噴射して行うのが一般的な方法です。小規模の巣を作るハチであれば殺虫剤を使って追い払い、巣を落としてしまえば、それで退治は完了ですが、スズメバチのような巨大な巣を作るハチに対しては、十分な装備を行って徹底的に薬剤を巣の中に入れる必要があります。そのためあまりにも巨大化した巣では業者などに退治を依頼する方が無難です。

平均的な費用について

退治に使われる殺虫剤は安価に売られていますが、ハチ退治の場合には巣に出来る限り近づかないようにする必要があります。そのため、近年ではスプレーの内圧を高めてジェットで噴霧するタイプが広く販売されており、離れた場所から直接、巣に向かって噴霧することが可能になっています。 ただし、通常の殺虫剤と異なり、倍程度し1本あたり1000円ほどしますが、巨大な巣の場合には1本では間に合わないため、数本用意する必要があります。また上手く女王蜂を退治できれば巣を壊滅させることができますが、女王蜂取り逃がすと再び戻ってくる可能性があります。 一方で、業者に依頼した場合には1万円から2万円は必要で、ハチが活発に活動する時期では割増料金が必要になります。


このエントリーをはてなブックマークに追加